ニキビの数多い原因をハッキリさせましょう

ニキビを治すには、数多い原因をハッキリにさせない事には始まりません。

対応化粧品から買う方が多いのですが、それは雑菌や汚れが原因だった時のみ効果的です。
しかし、普通に考えると普段から肌はケアしている方が多いので、汚れているとは考え辛いのです。

男性がニキビに悩む場合、原因を探る順番は

  • 睡眠不足
  • 油物の食べ過ぎ
  • 顔の汚れ

これがおそらくベストです。
睡眠不足は疲れと言い換えても問題なく、男性の突然ニキビは大体が体調不良(体力低下)のサインです。
栄養分が最後に回る肌にニキビができているという事で、既にかなり疲れているといってもいいでしょう。

油物の食べ過ぎは、思い当たる節があるなら食生活を改善するだけで治ります。
早くて3日、遅くとも1週間する頃には綺麗になるでしょう。
野菜+魚+豆などの和食献立がお勧めです。

最後に顔の汚れですが、朝洗顔を毎日している方は殆どが別の原因です。
汗をケアせず寝る等の明らかな行動をしない限り、突然ニキビになる事は少ないのです。

次に女性の場合ですが、かなり順番は異なります。

  • 洗いすぎ
  • 体調不良
  • 運動不足
  • 油物の取り過ぎ

女性はとにかくニキビができてしまうと過敏になってしまい、洗顔をさらに増やしがちです。
しかしそれが顔の油を根こそぎ持っていってしまう結果になり、乾燥肌+ニキビの悪循環を生みます。
基本的に洗顔は、寝る前の1回で十分です。

また体調不良が肌に出るタイプの方はニキビに悩まされます。
風邪等のあからさまな症状に限らず、便秘やストレス等の日常的なものでもニキビになる原因なので、これが原因の方は中々改善が難しくなります。
分かっても治し辛い上に、殆どの方はこれが原因だと気付けません。

運動不足は、専業主婦や高年齢の方によくあるパターンです。
ある程度動いた方がいいのですが、1日中家の中ではエクササイズでもしない限り運動不足です。
それが長年続いた結果、体質としてニキビができやすい状態になってしまいます。
こちらは改善方法は簡単ですが、実際に治すのは中々根気がいる例です。
体質改善までの運動は、2年や3年掛けてゆっくり習慣化しなければいけません。

最後の油物の取りすぎは、自覚がある方限定と言ってもいいくらいです。
元々ダイエットに敏感な方は、まずこれ以外が原因でしょう。
男女共に食事的な原因のニキビは、かなり偏っていないと習慣化しないのです。

男女共通として花粉症の時期は肌が荒れます。
これが原因の場合、もう季節が終わるのを待つしかありません。

この中で自分に思い当たる原因を探って、ニキビを改善していきましょう。
洗い過ぎの方は1日1回、またはメイク落としは別として洗顔は2日に1回でも驚くほど改善します。
運動不足の方は、軽く出掛ける理由と歩く理由を作りましょう。
まずは習慣化しなければいけないので、無理は禁物です。

食生活の改善は、揚げ物から離れましょう。
スーパーの惣菜は値段的にも魅力ですが、ニキビ発生の元です。

共通して言えることは、自分が思っているほど顔そのものは汚れていないという事です。
身体の油は一定量は必要なので、あまり洗いすぎないようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ