10代のニキビはどうやってケアをしたらいいの?

10代はニキビができやすく、ぽつっとできたニキビ、顔中のニキビで悩んでいる方もいると思います。ニキビってどうやってケアしたらいいの?そんな悩みを持っていませんか。10代のニキビはどうやってケアをしたらいいのでしょうか。

10代のニキビができる原因

10代は成長ホルモンの分泌が活発な時期です。成長ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になり、過剰な皮脂分泌によって毛穴がつまることでニキビができます。

皮脂はアクネ菌の大好物です。皮脂をもとにしてアクネ菌が繁殖すると、炎症が起こってニキビが悪化して赤くなります。炎症を起こしたニキビを放置しているとニキビ跡になることがあるので、正しいケアで治すことがニキビ跡を残さないポイントです。

必要なケアとは

10代のニキビに必要なケアは洗顔と保湿です。

毛穴に皮脂がたまるとニキビができるので、洗顔で皮脂を取り除きます。アクネ菌の繁殖を防ぐこともできます。清潔にしておけば、ニキビができにくく治りやすい状態に近づきます。

きれいにすることは大切ですが、洗顔をしすぎると潤いが奪われてしまい乾燥します。乾燥をすると肌の力が低下してニキビができやすくなります。乾燥を防ぐために保湿ケアが必要です。

正しい洗い方・保湿方法

洗顔の前には手を洗って雑菌などの汚れを落とします。洗顔料は泡立てネットを使ってよく泡立てましょう。手のひらにこんもりとのるくらいの泡を作ります。

まず洗うのはTゾーンです。小鼻も丁寧に洗ってください。頬はTゾーンに比べて皮脂分泌が少ないので、優しく包みように洗います。乾燥しやすい目元や口元は泡をのせるだけにします。長時間洗顔料をのせていると乾燥するので、1分以内に洗顔を終えましょう。

すすぎのお湯は34度くらいです。最低20回はすすぎます。あごや髪の生え際はすすぎ残ししやすいので、丁寧に洗い流してください。

洗顔後は水分が失われるのですぐに保湿をします。手のひらに化粧水をとったら、手を顔に押し当てるようにしてつけます。肌がしっとり手に吸いつくか確認しましょう。最後に乳液やクリームで与えた潤いを閉じ込めます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ